コンテンツ♪

【はじめに】

ちぇごさんぐん(管理人)から一言。

この宮廷女官チャングム誓いあらすじ|チャングム誓テーマパークへ行きたい
に訪れていただけたことをまことに嬉しく思う。

このサイトは主に2つの分野にわかれている。


一つ目は宮廷女官チャングムの誓いあらすじを簡単に紹介する分野。

もう一つはチャングムの誓テーマパークに関する情報だ。

では、以下にまとめてみた。



宮廷女官チャングム誓いあらすじ
↑軽くおさらいしよう。


チャングムの誓テーマパーク情報
↑テーマパークのイメージをふくらませよう。


ミン尚宮役のキム・ソイさんのプロフィール紹介
↑ちょっとだけ



スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

宮廷女官チャングム誓いあらすじ 第14話 「蜂の針」

2006.03.13(13:04)
宮廷女官チャングム誓いあらすじ 第14話 「蜂の針」

みその味が変わった原因を突き止めたハン尚宮(サングン)とチャングム。

しかし、いまだ味覚の戻らないチャングムは気が晴れない。


その頃菜園ではウンベクが蜂の針の効能について調べていた。

負傷した兵士がさらに蜂に刺されたところ、逆にその兵士は全快したのだ。

ウンベクからその話を聞いたチャングムは、自分に蜂の針療法を試して欲しいと申し出るが、断られる。

その様子を見ていたチョンホは、チャングムを慰めようと声をかける。


ヨンノはチェ尚宮(サングン)の言い付け通り、なにかとチャングムの様子を探ってはクミョンに報告。

チェ尚宮(サングン)はチャングムの秘密に気付く。

毎年恒例のシンミジェ(新しく考案した料理を競い合う行事)の審査をハン尚宮(サングン)とチェ尚宮(サングン)がつとめることになった。

チェ尚宮(サングン)は、これを利用しチャングムの味覚が失われていることを確かめようとする。

宮廷女官チャングムの誓いあらすじより】


     宮廷女官チャングム誓いあらすじ目次へ





























PR
韓流着うたはスタドラ

韓流スター15人のDVD-BOX

韓国ドラマを高速保存

韓国ドラマ着信メロディ

韓国旅行を徹底比較


スポンサーサイト

<<チャングムあらすじ 第15話 「捨てられた食材」 | ホームへ | 宮廷女官チャングム誓いあらすじ 第13話 「みそ騒動」>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chego3gun.blog44.fc2.com/tb.php/27-5836ddd9
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。