コンテンツ♪

【はじめに】

ちぇごさんぐん(管理人)から一言。

この宮廷女官チャングム誓いあらすじ|チャングム誓テーマパークへ行きたい
に訪れていただけたことをまことに嬉しく思う。

このサイトは主に2つの分野にわかれている。


一つ目は宮廷女官チャングムの誓いあらすじを簡単に紹介する分野。

もう一つはチャングムの誓テーマパークに関する情報だ。

では、以下にまとめてみた。



宮廷女官チャングム誓いあらすじ
↑軽くおさらいしよう。


チャングムの誓テーマパーク情報
↑テーマパークのイメージをふくらませよう。


ミン尚宮役のキム・ソイさんのプロフィール紹介
↑ちょっとだけ



スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

宮廷女官チャングム誓いあらすじ 第6話「追放処分」

2007.03.23(08:46)
宮廷女官チャングム誓いあらすじ 第6話「追放処分」

18歳になってもチャングムは相変わらずの好奇心と行動力とで、さまざまなことに挑戦してはチェ尚宮(サングン)にしかられる毎日を過ごしていた。


その頃、皇女が食事を摂らなくなり、水剌間(スラッカン)が皇女の食事も担当することになる。

クミョンはチャングムの研究をヒントに、皇女の食事を作り問題を解決する。

中宗の誕生祝に明より錦鶏が贈られ、調理するまでの間、その管理をクミョンが任される。

しかし飼育場の鍵がはずれ、錦鶏が逃亡。

誰にも言えないクミョンは意を決し、伯父パンスルを頼ることに。

錦鶏がいなくなったことに気付いていたチャングムはクミョンに手助けを申し出、夜中、一緒に宮中を抜け出す。


チャングムは万一に備え、トックにも錦鶏探しを依頼。

翌日、中国からの交易船が入ることを知ったチャングムは港に行き、トックの手引きで申の刻(午後4時ごろ)錦鶏が入手できることに。

クミョンと合流する約束の時間は酉の刻(午後6時ごろ)。

一方その頃、水剌間(スラッカン)ではチャングム、クミョンと錦鶏の不在にチェ尚宮(サングン)、ハン尚宮(サングン)が気付いていた。


【宮廷女官チャングムの誓いあらすじより】


     宮廷女官チャングム誓いあらすじ目次へ





























PR
韓流着うたはスタドラ

韓流スター15人のDVD-BOX

韓国ドラマを高速保存

韓国ドラマ着信メロディ

韓国旅行を徹底比較


スポンサーサイト

<<宮廷女官チャングム誓いあらすじ 第7話「失意の日々」 | ホームへ | 宮廷女官チャングム誓いあらすじ 第5話 「変革」>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chego3gun.blog44.fc2.com/tb.php/17-815dffb4
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。