コンテンツ♪

【はじめに】

ちぇごさんぐん(管理人)から一言。

この宮廷女官チャングム誓いあらすじ|チャングム誓テーマパークへ行きたい
に訪れていただけたことをまことに嬉しく思う。

このサイトは主に2つの分野にわかれている。


一つ目は宮廷女官チャングムの誓いあらすじを簡単に紹介する分野。

もう一つはチャングムの誓テーマパークに関する情報だ。

では、以下にまとめてみた。



宮廷女官チャングム誓いあらすじ
↑軽くおさらいしよう。


チャングムの誓テーマパーク情報
↑テーマパークのイメージをふくらませよう。


ミン尚宮役のキム・ソイさんのプロフィール紹介
↑ちょっとだけ



スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

宮廷女官チャングム誓いあらすじ 第2話 「永遠の別れ」

2007.03.19(02:33)
宮廷女官チャングム誓いあらすじ 第2話 「永遠の別れ」

8年後、燕山君10年(1504年)。

夫婦となったチョンスとミョンイは白丁(ペクチョン)の身分を称し、一人娘チャングムと3人でひっそり暮らしていた。

チャングムは活発で向学心も強く、身分不相応な振る舞いを母ミョンイは心配するが父チョンスは可愛くて仕方ない。

一方、燕山君(ヨンサングン)の暴君ぶりは激しさを増していった。

生母ユン氏どくさつに関わった人物を探し出すべく、全土に当時の武官の似顔絵が張り出されることに。

ある日、村の市に出かけたチョンスはチャングムにせがまれ、相撲に挑む。しかし騒ぎが起こり、チョンスは手配中の武官であることがばれ捕まってしまう。

その家族まで処バツの対象であることからミョンイはチャングムを連れ逃亡。追っ手から逃れつつ、連行されたチョンスの後を追い漢陽(ハニャン)へ向かう。

なんとか漢陽(ハニャン)についたミョンイはチョンスに会いたい一心で、意を決し、かつての友人ハン・ペギョンに手紙を書く。

いまや水剌間(スラッカン)で尚宮(サングン)となっているハンは手紙を読み、宮中を抜け出しミョンイとの再会を喜ぶ。

しかしハン尚宮の挙動を不審に思ったチェ・ソングムが後をつけ、ミョンイの生存を知る。

同じく尚宮(サングン)となっているチェは一族の保身のため、再びミョンイの命を狙ってくる。


【宮廷女官チャングムの誓いあらすじより】


     宮廷女官チャングム誓いあらすじ目次へ





























PR
韓流着うたはスタドラ

韓流スター15人のDVD-BOX

韓国ドラマを高速保存

韓国ドラマ着信メロディ

韓国旅行を徹底比較


スポンサーサイト

<<宮廷女官チャングム誓いあらすじ 第3話 「夢の宮中」 | ホームへ | 宮廷女官チャングム誓いあらすじ 第1話「二人目の女」 >>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chego3gun.blog44.fc2.com/tb.php/13-c59bc564
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。