コンテンツ♪

【はじめに】

ちぇごさんぐん(管理人)から一言。

この宮廷女官チャングム誓いあらすじ|チャングム誓テーマパークへ行きたい
に訪れていただけたことをまことに嬉しく思う。

このサイトは主に2つの分野にわかれている。


一つ目は宮廷女官チャングムの誓いあらすじを簡単に紹介する分野。

もう一つはチャングムの誓テーマパークに関する情報だ。

では、以下にまとめてみた。



宮廷女官チャングム誓いあらすじ
↑軽くおさらいしよう。


チャングムの誓テーマパーク情報
↑テーマパークのイメージをふくらませよう。


ミン尚宮役のキム・ソイさんのプロフィール紹介
↑ちょっとだけ



スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

宮廷女官チャングム誓いあらすじ 第1話「二人目の女」

2007.03.18(01:28)
宮廷女官チャングム誓いあらすじ 第1話「二人目の女」

成宗13年(1482年)。朝鮮王朝第9代の王、成宗(ソンジョン)は品行の悪さを理由に元妃ユンをどくさつ。

その場にいた武官ソ・チョンス(チャングムの父)は王命に従っただけとはいえ、罪の意識に苛まれ、酒を飲む。

泥酔し、崖を転落したチョンスは洞くつで目を覚ます。

傍らには老師が居り、チョンスの運命に関わる3人の女性の存在を告げる。

3人の女性は「女今・順・好」と表わされた。チョンスは一人目の女性が元妃ユンであることに思い当たる。

14年後、成宗(ソンジョン)を父に、元妃ユンを母に持つ燕山君(ヨンサングン)が即位して2年。

いまだに老師の言葉が忘れられないチョンスは、自らの運命から逃れようと官職を辞す。

宮中の台所、水剌間(スラッカン)。

最高尚宮(チェゴサングン)の姪で女官のチェ・ソングムの挙動を不審に思った女官パク・ミョンイは、そのことを気味尚宮(キミサングン)に報告。

しかしその夜、ミョンイは門番と通じ女官の誓いを破ったとして捕らえられ、山中でどくを飲まされる。

歴代、最高尚宮(チェゴサングン)をつとめるチェ一族はその地位を守るべく権力闘争に加担、標的とした人物の食事に体調を悪化させるものを混ぜており、ミョンイが目撃したのはまさにその現場だったのだ。

ミョンイの友人で女官のハン・ペギョンはことの一端を知り、ミョンイが飲まされるどくにこっそり解どく剤を混ぜる。翌朝、川縁に倒れているミョンイをチョンスが発見。

こうしてチョンスは自分の運命を左右する第2の女性と出会ってしまったのだった。


【宮廷女官チャングムの誓いあらすじより】


     宮廷女官チャングム誓いあらすじ目次へ





























PR
韓流着うたはスタドラ

韓流スター15人のDVD-BOX

韓国ドラマを高速保存

韓国ドラマ着信メロディ

韓国旅行を徹底比較




スポンサーサイト

<<宮廷女官チャングム誓いあらすじ 第2話 「永遠の別れ」 | ホームへ | 宮廷女官チャングムの誓いあらすじ 第26話 「罠(わな)」>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chego3gun.blog44.fc2.com/tb.php/12-75e51958
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。